MENU

タウリンの効果・効能を紹介します。

最近何だかだるい、疲れがなかなか取れない、そんな症状に悩んでいる人は肝機能が低下しているかもしれません。
毎日の暴飲暴食や、アルコールの過剰摂取が続くと肝臓に負担がかかって肝機能が低下してしまいます。
肝臓は体にとって代謝や解毒といった生命維持に欠かせない働きを数多く担っているため、健康を保つために肝臓の健康を意識することが大切です。
栄養ドリンクなどに含まれている「タウリン」は、そんな弱った肝臓の機能を助け、疲労回復効果が期待できます。
ぜひ毎日の生活の中にタウリンを取り入れて、健康的な毎日を送りましょう。

 

タウリンってどういうもの?

 

タウリンは、硫黄を含んでいるアミノ酸である含硫(がんりゅう)アミノ酸の一種です。
人間の体内で合成され、ほとんどの生き物の体の中に存在していますが、特にイカやタコ、牡蠣などの貝類といった魚介類に多く含まれている成分です。
人間であれば、目の網膜や脾臓、脳や肺に含まれていますが特に筋肉部分には、全身のタウリンのうちの50%から80%もの量が集中しています。

 

そして、タウリンには体内にある細胞を正常な働きに戻そうとする作用「ホメオスタシス」があり、鈍った肝臓の機能にも効果を発揮するのです。

 

タウリンを摂取することによる効果・効能は?

 

・コレステロール値を下げる

 

タウリンは肝臓内で生成される胆汁の主成分でもあります。
そのためタウリンをしっかりと摂取することで、胆汁酸の分泌を促進し肝臓の働きを手助けする効果があります。
胆汁酸が分泌されることで、血中の余分なコレステロールが体外に排出され、コレステロール値の低下にもつながります。
さらにすい臓が分泌しているインスリンの働きも手助けするため、血糖値のコンロトールにも役立っているのです。
そのため、肝臓病のリスクが上がる糖尿病の予防になります。

 

・高血圧の改善になる

 

血圧は、交感神経が刺激されることで心拍が上昇し、血管の収縮によって血液量が増えることで高くなります。
また、交感神経が腎臓に作用することによっても血圧の上昇につながります。

 

腎臓は体内にある余分な水分や塩分を体外に排出する働きを持っていますが、交感神経はこれらの働きを抑制してしまうのです。
タウリンは交感神経の働きを抑えるため、高血圧を防ぐ効果が期待できます。

 

また、脳がストレスを受けることによって、ノルアドレナリンという脳内ホルモンが分泌されることでも高血圧を引き起こします。
ノルアドレナリンの過剰分泌を抑えるタウリンは、血管を正常な状態へと戻して血圧を安定させてくれるのです。

 

最近の研究結果では、母親が赤ちゃんに与える母乳の中にもタウリンが含まれていることが明らかになりました。
タウリンは、赤ちゃんの脳や神経の発達に役立つ栄養素であり、人の体にさまざまなメリットを与えてくれる栄養素と言えます。

 

このように、タウリンを摂取することで肝臓病や高血圧の予防につながるため、ぜひ積極的に毎日の生活に取り入れていきましょう。

 

タウリンは脂肪肝を予防する?

 

生活習慣の乱れによって、肝臓の機能が低下すると体内の中性脂肪の分解がうまくいかずに余分な脂肪として、肝臓に蓄積されていきます。
そうして肝臓に脂肪がたっぷりついた状態のことを「脂肪肝」と言います。
脂肪肝が長引くと、肝炎などを引き起こし最終的には肝硬変などの命に関わる重病にかかってしまう場合もあるのです。
タウリンは中性脂肪を体外に排出する働きがあるため、脂肪肝の予防に役立ちます。

 

肝機能が低下して脂肪肝の状態になると血中に老廃物が溜まったままになり、動脈硬化が発生してしまいます。
タウリンはこうした症状も食い止めてくれる、まさに肝臓の救世主といえる成分なのです。

 

肝臓病を予防するには、日々のケアが重要となります。
もし体のだるさが取れないといった症状が長引いている場合は、タウリンを積極的に摂取して肝機能の向上につなげていきましょう。