MENU

肝臓の病気が分かる健康診断の指標について

毎日たくさんのお酒を飲んだり、脂っこいものや糖分を多く含む食事内容を続けていると、肝臓に負担がかかって肝臓病を引き起こす可能性があります。
しかし、肝臓は別名「沈黙の臓器」と呼ばれ、痛みを感じる神経が少なく、再生能力の高さから、機能が低下しても症状として現れることが少ないです。
もし痛みなどの症状が出ている時には、見つかった時ですでに末期の状態だったという場合も珍しくはありません。

 

そんな厄介な肝臓の異常を見つけるには、健康診断などで定期的に肝機能の検査を行うことが重要となります。
今回は、肝機能の検査値の見方や、それによってわかる肝臓の異常について紹介いたします。

 

アルコール性肝障害の指標となる「γ-GTP」

 

γ-GTP(ガンマ・ジーティーピー)は、肝臓の他に小腸やすい臓、腎臓などにも存在しているたんぱく質の分解酵素です。
肝臓の解毒に作用するため、機能が低下している時は肝機能障害が疑われます。
特にアルコールの影響による肝機能障害に反応するため、体内にアルコールが残っていたり、毎日のように大量のアルコールを摂取していると数値に異常が出ます。

 

γ-GTPの基準値

 

成人男性:10〜50U/L
成人女性;9〜32U/L

 

健康診断の結果が基準値よりも高いようであれば、まずは「アルコール性肝炎」が疑われます。
アルコールを過剰摂取していると、肝臓が溜まった中性脂肪を分解し切れずに肝臓がフォアグラのようになってしまう「脂肪肝」に変化していきます。
この脂肪肝を放っておいたまま飲酒を続けることで、アルコール性肝炎を引き起こしてしまうのです。

 

また、γ-GTPは抗うつ剤などの特定の薬物に含まれている成分を無害化するために胆道で作られているため、数値が高い場合は「薬剤性肝炎」の可能性もあります。

 

もしお酒が原因による異常値だったら、数値が100U/Lを超えた場合にアルコールの摂取が禁止されてしまいます。
食生活の見直しを計り、治療によって肝機能を正常な状態に戻すために必要な処置です。
そして、アルコールを飲む習慣があるにも関わらず、基準値よりも低い場合は栄養不足の可能性があります。

 

肝炎が慢性化すると、最終的に肝機能が働かなくなる「肝硬変」に進行する場合も考えられるため、生活習慣の改善に努めましょう。

 

肝機能検査の基本であるALT(GPT)

 

ASTとともに、肝機能検査の中でもっとも使われている項目です。
肝細胞に存在している酵素であり、アミノ酸やエネルギーの代謝で重要な働きをしています。
肝細胞が何らかの異常を受けることで、はじめて血液中にALTが漏れ出していきます。
検査は血液を採取し、GPTの濃度がどれくらいか計測することで病気の診断を行っています。

 

基準値は30 IU/L以下ですが、これよりも数値が高い場合はアルコール性肝炎や脂肪肝などの肝臓病が疑われます。

 

肝臓病や心疾患がわかるAST(GOP)

 

肝細胞の他、腎臓や心筋に含まれている酵素です。
たんぱく質を分解してアミノ酸を生成する重要な役割を担っており、代謝をスムーズに行えるよう手助けをしてくれています。
このASTは肝臓病の診断の他、数値が高い場合は心筋高層や筋ジストロフィーといった心疾患の疑いがあります。
ALT(GPT)と同時に検査して、AST(GOP)の数値のみが高いといった場合は、肝臓よりも心臓に関する病気の可能性が考えられます。

 

基準値は、30 IU/L以下です。

 

定期的な健康診断で肝臓の異常を見つける大切さ

 

肝臓の異常のほとんどは、このような血液検査の結果によって発見されることが非常に多いです。
もし基準値を大きく上回るような数値が出た場合は、アルコールをやめて食生活を改善し、肥満体型を解消することが重要となってきます。
定期的に検査を受けていれば、異常が見つかっても初期段階で済む可能性があるため、ある程度節制していれば、また健康な肝臓に戻すことも可能です。
気づいた時には手遅れだったという事態にならないためにも、面倒がらずに病院を受診して検査を受けるようにしましょう。