MENU

脂肪肝になる主な原因とは?

近年、肝臓がまるでフォアグラのように脂肪を蓄えた状態になる「脂肪肝」にかかる人が、30代〜40代の間で多くなっています。
脂肪肝が悪化すると、肝硬変や肝臓がんなど命に関わるような病気を引き起こす可能性もあります。
この現代病の一つである脂肪肝にならないよう、原因をしっかりと把握し予防に努めましょう。
今回は、そんな脂肪肝について抑えておきたい知識について紹介いたします。

 

脂肪肝ってどういう状態のこと?

 

脂肪肝とは、簡潔に説明すると「肝臓内に中性脂肪が異常に溜め込まれ、フォアグラのような状態」になっていることを言います。
現代において、日本人の4人に1人は脂肪肝になっており、長期間放置しておくことで肝炎や肝硬変などの病気にかかってしまう可能性もある非常に厄介な症状です。

 

食事から摂取した脂肪は、小腸によって脂肪酸に分解後、肝臓まで運ばれてきます。
この時、食事に含まれた糖質と脂質が多いとその分肝臓に入ってくる脂肪酸も多くなってしまうのです。
すると、脂肪酸は中性脂肪として肝臓内に蓄積されるため、最終的に全ての肝細胞のうち約30%以上が脂肪化してしまった状態のことを「脂肪肝」と言います。

 

脂肪肝になってしまう原因は?

 

脂肪肝になる主な原因は、大きく分けて2つあります。

 

・アルコール性脂肪肝

 

アルコールの過剰摂取が続いたことが原因でなった脂肪肝を「アルコール性脂肪肝」と呼びます。
日本酒に換算すると毎日3合以上のアルコールを摂っている人は、脂肪肝のリスクが跳ね上がります。
ビールであれば大瓶で3本以上、ウイスキーはダブルで3〜4杯程度の量にあたりますが、これらのアルコールは肝臓によって解毒されています。
しかし、こうした大量のアルコールを肝臓が処理していることで、脂肪の代謝が追いつかなくなり、肝細胞にどんどん脂肪が溜まっていくことで、肝脂肪になってしまうのです。

 

・非アルコール性脂肪肝

 

こちらは、アルコール以外の原因でなった脂肪肝のことです。

 

非アルコール性脂肪肝の中で、最も多いのが食べ過ぎと運動不足による「過栄養性脂肪肝」です。
特にBMIが25以上の肥満体型の人は、過栄養性脂肪肝になりやすいため注意しましょう。
運動不足な上に、好きなものを好きなだけ摂るような暴飲暴食を続けていると、肝臓の脂肪分解が追いつかなくなり、どんどん脂肪が溜まっていってしまうのです。
このタイプの脂肪肝は、影に糖尿病が隠されている場合もあるため、脂肪肝と診断されたら糖尿病の検査を受けることをおすすめします。

 

脂肪をエネルギーに変えるためには、すい臓によって作られているインスリンが重要となりますが、肥満や糖尿病にかかっていると分泌量が減ってしまいます。
また、BMIが30以上の高度肥満の人は、なんと75%もの割合で脂肪肝になっているというデータもあります。

 

ダイエットのしすぎも脂肪肝の原因になる!?

 

アルコールや食べ過ぎなど生活習慣の乱れでなりやすい脂肪肝ですが、近年ではダイエットが原因の「ダイエット脂肪肝」が増えてきています。
実は、ダイエットのために極端なカロリー制限を続けていると、体が飢餓状態になることで普段よりも肝臓に脂肪を蓄えやすくなっているのです。

 

特に、一日に果物だけ、野菜だけ、パンだけなど一つの食材を摂り続けている場合は、脂肪肝のリスクが高いので注意しましょう。
せっかくダイエットに成功しても、肝臓に脂肪がたっぷりとついてしまっているかもしれません。
痩せているからといって、偏った栄養バランスの食事は体に大きな負担をかけてしまいます。
ダイエットをする際には、無理な食事制限はなるべく控え、運動を中心に体重を落とすようにしましょう。

 

特にウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪を燃焼しやすいため脂肪肝の症状を改善します。
ぜひ、毎日の適度な有酸素運動によって、健康な肝臓を手に入れましょう。