MENU

タバコは肝臓に悪影響をもたらす

肝臓に良くないものと言えば、アルコールが代表的ですよね。
また、脂っこいものや糖質が多い料理も中性脂肪を分解する働きがある肝臓にとっては大きな負担となってしまいます。
実は、毎日の喫煙も肝機能を低下させる原因となるのです。
健康のために禁煙しようと思っても、仕事のストレスなどが溜まるとついついタバコに手が伸びてしまいますよね。
今回は、タバコがもたらす肝臓への悪影響について紹介いたします。

 

タバコの有害物質は肝臓が分解している!

 

タバコに含まれているニコチンやタールといった有害物質は、肝臓によって解毒・分解されています。
喫煙は肝臓にとって大きな負担となり、やがて肝機能の低下へとつながるのです。

 

・ニコチン

 

タバコに含まれているニコチンは、繰り返し体内に取り込まれることで依存症を引き起こしてしまいます。
また、ニコチンは血管を収縮させて血流を悪くする働きがあるのです。
血液に入ったニコチンは、だいたい2時間程度で濃度が半分に減りますが、このように体内のニコチン濃度が下がるとタバコが吸いたくなってしまいます。
その結果、肝臓はニコチンを解毒するために働き詰めになることで大きな負担がかかり、どんどん機能が衰えていきます。

 

・タール

 

タールもまた、体にとって毒性が強い有害物質の一つです。
体内に蓄積されていくと、がんを引き起こす可能性があります。
また、肝臓はアルコールを分解する過程で有害物質である「アセトアルデヒド」を生成します。
いったんアセトアルデヒドに変化したアルコールは、酢酸と二酸化炭素に分解後、無害化されてから体外に尿として排出されています。
しかし、タールはこの肝臓の働きを阻害するため、アセトアルデヒドが体内に留まってしまうのです。

 

このアセトアルデヒドが、二日酔いの頭痛や吐き気を引き起こすため、喫煙をしている人は二日酔いになりやすく治るまで時間がかかるというデーターがあります。
このように、タバコは肝臓に大きなダメージを与え、体にさまざまな不快症状を引き起こす原因となるのです。

 

タバコは脂肪肝のリスクを上げる?

 

タバコに含まれている有害物質ニコチンは、体内に入ることで血液中のインスリン濃度を上げてしまいます。
インスリンが多くなると、肝臓の脂質代謝に影響を与えるため中性脂肪が溜まりやすくなり、やがてフォアグラのような「脂肪肝」の状態を引き起こします。
脂肪肝が続くと血中の善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増加することで動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。
動脈硬化によって血管がふさがれると、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わる重病にかかる可能性もあるのです。

 

このように、タバコが肺に影響を与えることは周知の事実ですが、肝臓にも大きな負担をかけるため、さまざまな病気を引き起こしてしまうのです。

 

タバコをやめることで体に起きる健康効果

 

タバコをやめると、肺などの循環機能が回復して呼吸そのものが楽になり肺活量が向上します。
肺活量が上がれば体に取り込まれる酸素の量も多くなるため、血行が良くなることで体の隅々にまで必要な栄養素を運びやすくなります。
また、ニコチンによる血管の収縮がなくなることで動脈硬化を予防し、心疾患のリスクを下げる効果も期待できます。

 

これまでニコチンやタールの有害物質を解毒するために、働き詰めだった肝臓を休ませることができ、弱った肝機能が徐々に正常な状態へと戻っていきます。

 

しかし、いきなりタバコをきっぱりとやめてしまうと、頭痛やイライラといった禁断症状が出る可能性もあるため、まずは一日の喫煙本数を減らすことから始めてみましょう。
うまくストレスを解消しながら、禁煙生活を続けていくことが大切です。
タバコは百害あって一利なしです。
家族のためにも、自分のためにも、多くの健康被害があるタバコはやめて元の健康な体を取り戻しましょう。