MENU

脂肪肝を放っておくとどういう病気にかかる?

アルコールを摂り過ぎたり、暴飲暴食を続けていると、肝臓内の中性脂肪が多くなって脂肪肝になってしまいます。
肝臓は多少機能が弱っていても、体に自覚症状が出にくいため気づかないうちに脂肪肝が進行している可能性があるのです。
この脂肪肝を長期間放っておくと、一体どのような病気にかかってしまうのでしょうか?
今回は、脂肪肝が進行することで発症する病気について紹介いたします。

 

脂肪肝ってどういう症状?

 

もともと肝臓は脂肪酸を材料にして中性脂肪を作り出す働きがあります。
しかし、食事などからたくさんの脂質を摂っていると、エネルギーとして使いきれず肝細胞にどんどん溜まっていくのです。
中性脂肪が蓄積され、最終的に肝脂肪の約30%以上が脂肪化してしまった状態のことを「脂肪肝」と言います。

 

現代において、4人に1人がかかっているという国民病であり、進行することでさまざまな病気を引き起こすやっかいな症状です。

 

肝臓は痛みなどを感じる神経が少ないため、多少肝臓が弱っていても強い痛みを感じることがありません。
そのため別名「沈黙の臓器」と呼ばれており、自覚症状のなさから気づいた時には手遅れだったということも珍しくないのです。
放っておくと、命に関わるような病気を発症する可能性もあるため、肝機能に問題がないか定期的な健康診断を受けましょう。

 

アルコール性肝炎

 

脂肪肝が進行すると、肝炎を起こしてしまいます。
特にアルコールによって脂肪肝になると、お酒を飲み続けることで肝臓に炎症を起こし「アルコール性肝炎」を発症します。
炎症が起こることで肝臓内の脂肪が破壊され、全身にだるさを感じたり、発熱や吐き気などの症状が現れます。
一見風邪の症状とよく似ていますが、皮膚や白目の部分が黄色っぽく見える黄疸などの症状があるかどうかが見分けるポイントとなります。

 

この段階であれば、アルコールを控えることで炎症を治すことができるため、症状がある場合は禁酒をし、肝臓をゆっくりと休ませてあげましょう。

 

肝硬変

 

肝炎が6か月以上継続している状態のことを「慢性肝炎」と言います。
肝臓は痛みを感じにくい臓器であるため、早期に気づかず治療を行わないと炎症が慢性化してしまいます。

 

慢性肝炎が長期化すると、肝臓が硬く小さくなる「肝硬変」へと進行します。
この肝硬変は、肝臓内の細胞が炎症によって破壊され、それを補おうと再生を繰り返しているうちに、組織が硬くなった「線維化」が進んだ細胞が増えていくことで起こります。
こうした線維化した肝細胞は、正常に働くことができず、その結果肝臓の機能が失われてしまいます。

 

一度肝硬変になってしまうと、以前のような健康だった頃の肝臓に戻すことは難しくなります。
しかし、肝硬変は黄疸だけでなく、むくみや尿が茶色っぽい色になるなど、特徴的な症状があります。
このような症状に思い当たることがあれば、手遅れにならないうちに病院を受診しましょう。

 

肝臓がん

 

肝硬変によって、肝臓の機能が失われると細胞のがん化が進み、最終的には肝臓がんを発症します。
肝臓がんは、初期では自覚症状がほとんどないため、見つかった時にはすでに末期である可能性も高い非常に恐ろしい病気なのです。
肝臓がん特有の症状はほとんどありませんが、肝硬変を伴っていることが多いため、黄疸やむくみ、腹水が溜まったり貧血などの症状が現れます。

 

この肝臓がんを予防するためには、健康診断などで脂肪肝を指摘されたら生活習慣を改善することが大切です。
栄養バランスの良い食事と、適度な有酸素運動、そしてこまめに肝機能の検査を受けるようにしましょう。

 

また、糖尿病の人は肝臓がんのリスクが1.97倍も高いため、より注意が必要です。
脂肪肝は努力次第で簡単に治すことができる病気です。
肝臓がんのような大病から自分の体を守るためにも、アルコールやたばこを控え、健康的な生活を送るようにしましょう。