肝臓の様々な病気

肝臓に関する病気は実は最初は気付きにくいのが難点。適切な対処をしなかったばかりに病気が進行してしまったり、重度の肝臓病になる人がいます。
あらかじめ肝臓の病気を知っておくことでそれに対する対応も全然変わってきます。
このカテゴリーではたくさんある肝臓の病気の特徴やそれぞれの原因などをまとめて紹介しています。

肝臓は体の代謝や解毒など、生命の維持に欠かせない重要な役割を担っている臓器です。しかし、肝臓の機能が衰えるとさまざまな病気を引き起こしてしまいます。この肝臓病は主に、肝炎、肝硬変、肝臓がんが代表的であり、特に肝臓が炎症した状態である「肝炎」は多くの割合を占めています。肝炎には種類が多く、それによって治療法が異なってきます。そのため、肝臓の病気の種類を突き止め、適切な治療を受けるようにしましょう。今...

近年、肝臓がまるでフォアグラのように脂肪を蓄えた状態になる「脂肪肝」にかかる人が、30代〜40代の間で多くなっています。脂肪肝が悪化すると、肝硬変や肝臓がんなど命に関わるような病気を引き起こす可能性もあります。この現代病の一つである脂肪肝にならないよう、原因をしっかりと把握し予防に努めましょう。今回は、そんな脂肪肝について抑えておきたい知識について紹介いたします。脂肪肝ってどういう状態のこと?脂肪...

現代において、国民の3人に1人がかかっているという脂肪肝は、進行することで肝硬変や肝臓がんなどを発症する恐ろしい病気です。しかし、脂肪肝は自覚症状がほとんどないことから、早期発見が難しいことが問題視されています。この脂肪肝を防ぐには、肥満体型を改善し栄養バランスの整った食事や適度な運動が大切です。しかし、肥満を解消するための日々の運動が、かえって肝臓にとっては負担になっているかもしれません。今回は...

アルコールを摂り過ぎたり、暴飲暴食を続けていると、肝臓内の中性脂肪が多くなって脂肪肝になってしまいます。肝臓は多少機能が弱っていても、体に自覚症状が出にくいため気づかないうちに脂肪肝が進行している可能性があるのです。この脂肪肝を長期間放っておくと、一体どのような病気にかかってしまうのでしょうか?今回は、脂肪肝が進行することで発症する病気について紹介いたします。脂肪肝ってどういう症状?もともと肝臓は...

毎日の過度な飲酒は、体に負担をかけるためさまざまな病気の原因となります。特に肝臓はアルコールを分解する働きを担っているため、飲酒を続けることで肝機能が低下し肝臓病を起こしてしまいます。特に夏などの暑い季節は、ついつい仕事帰りのビールがおいしくて飲み過ぎる機会も多くなりますが、自分の体を守るためにもお酒はほどほどにしましょう。今回は、アルコールの摂り過ぎによって起こる肝臓の病気について紹介します。ア...

肝臓に良くないものと言えば、アルコールが代表的ですよね。また、脂っこいものや糖質が多い料理も中性脂肪を分解する働きがある肝臓にとっては大きな負担となってしまいます。実は、毎日の喫煙も肝機能を低下させる原因となるのです。健康のために禁煙しようと思っても、仕事のストレスなどが溜まるとついついタバコに手が伸びてしまいますよね。今回は、タバコがもたらす肝臓への悪影響について紹介いたします。タバコの有害物質...

毎日たくさんのお酒を飲んだり、脂っこいものや糖分を多く含む食事内容を続けていると、肝臓に負担がかかって肝臓病を引き起こす可能性があります。しかし、肝臓は別名「沈黙の臓器」と呼ばれ、痛みを感じる神経が少なく、再生能力の高さから、機能が低下しても症状として現れることが少ないです。もし痛みなどの症状が出ている時には、見つかった時ですでに末期の状態だったという場合も珍しくはありません。そんな厄介な肝臓の異...