MENU

肝臓の働きをサポートする必須アミノ酸について

私たちの体内では、さまざまな栄養素によって構成され、体の中で生成される成分もあれば、体外から摂取する必要があるものもあります。
その中でも「必須アミノ酸」は、生命の源と呼ばれており生命維持に欠かせない栄養素の一つです。
必須アミノ酸の中には、摂取することで肝機能を向上させる働きを持っているものもたくさんあります。
毎日脂っこいものや甘いものを多く摂る他、アルコールを飲み過ぎてしまうと肝臓が弱ってしまいます。
肝機能が低下していると、肝臓に脂肪が溜まって脂肪肝を引き起こし、最終的には肝硬変といった命を脅かす病気にまで進行する可能性があります。

 

怖い肝臓病を防ぐためにも、毎日の食生活によって肝臓を健康にしましょう。
今回は「必須アミノ酸」について詳しく紹介いたします。

 

必須アミノ酸はどういうものがあるの?

 

自然界には、約500種類ものアミノ酸が存在すると言われています。
そんなたくさんのアミノ酸の中で、人間の体を作っているのは20種類です。
この20種類は同じアミノ酸でも働きが異なるため、どれか一つでも体内から不足してしまうと、体にさまざまな不調を起こしてしまいます。

 

体を作っているアミノ酸のうち11種類は、他のアミノ酸や脂肪や糖を使うことで補われており、人間の体内で生成することが可能です。
しかし、他9種類のアミノ酸は体内で生成することができず、食品によって体外から吸収する必要があります。
これらをまとめて「必須アミノ酸」と呼んでいるのです。

 

筋肉に作用するBCAAの必須アミノ酸

 

・イソロイシン

 

筋肉の成長促進や血管拡張に関わっている必須アミノ酸です。
イソロイシンは神経の働きを補助する作用があるため、反射速度などの判断力、運動能力の高さに影響しています。
肝機能を向上させる働きもあり、肝臓にとって欠かせない栄養素です。

 

・ロイシン

 

イソロイシンと同様に、筋肉を維持する効果の他肝機能を手助けする働きを持っています。
運動中のエネルギー源としても使われ、皮膚の回復にも努めています。

 

・バリン

 

イソロイシン、ロイシンと合わせて「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」と呼ばれている必須アミノ酸です。
筋肉に多く含まれている窒素はバランスが崩れることで、筋肉を分解しようとしてしまいます。
バリンは血中の窒素バランスをプラスにコントロールする働きがあるため、筋肉の成長や運動能力の維持に役立っています。

 

肝機能を向上させる作用がある必須アミノ酸たち

 

・リシン(リジン)

 

リシンは細菌やウイルスが体内に侵入することを防ぐ材料として使われている必須アミノ酸です。
そのため、免疫力を向上させウイルスなどの働きを抑制しています。
骨を丈夫にするためのカルシウムの吸収を促進させるため、骨の発育を助けてくれます。

 

・メチオニン

 

肝臓内に溜まった毒性を含んだ老廃物などを、排出させる働きがあります。
アレルギーを引き起こす原因となるヒスタミンの血中濃度を下げ、アレルギー予防の働きがある必須アミノ酸です。

 

・スレオニン(トレオニン)

 

アルコールを飲み過ぎると、分解しきれなかった中性脂肪が肝臓内に蓄積されますが、これによって脂肪肝を引き起こしてしまいます。
スレオニンは、肝臓に余分な脂肪が蓄積されるのを防ぎます。
また、コラーゲンを合成する際の材料にもつながるため、美肌を手に入れたい女性は積極的にスレオニンを摂取しましょう。

 

精神に働きかける必須アミノ酸たち

 

・フェニルアラニン

 

ノルアドレナリンやアドレナリンといった興奮作用のある神経伝達物質の生成を促進します。
またフェニルアラニンそのものに、痛みを抑える効果があるため鎮痛剤としても用いられています。

 

 

・トリプトファン

 

トリプトファンが血液によって脳まで運ばれていくと、鎮痛作用や精神安定作用があるセロトニンが分泌されます。
特に女性は月経前のホルモンバランスの乱れでイライラしがちな時期があります。
そんな時にトリプトファンを多く含むナッツ類などを摂ることによって、症状を和らげることができます。

 

・ヒスチジン

 

赤血球や白血球の形成に使われる必須アミノ酸です。
貧血改善をサポートし、血圧を低下させる作用があります。

 

これら9つの必須アミノ酸は、私たちの生命維持に役立てられています。
中には肝機能を向上させる栄養素もたくさんあるため、必須アミノ酸をうまく取り入れて肝臓病を予防しましょう。
たんぱく質を多く含むものや、ビタミン類が入った食品に含まれているため、ぜひ毎日の食事メニューに加えてみてください。