MENU

肝臓の主な働きとは?

肝臓と聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?
ほとんどの人は、アルコールを分解してくれる働きがある臓器と回答するでしょう。
肝臓は、私たちの体の中でも数多くの重要な働きをしている臓器です。
今回は、そんな謎に包まれた「沈黙の臓器」と呼ばれる、肝臓の仕組みについて説明いたします。

 

肝臓は人体の中で一番大きな臓器

 

肝臓は、成人になると1.2〜1.5kgもの重さがあり、容積ともに人間の体の中で最も大きい赤褐色の臓器です。
形は三角形に近く、みぞおちの右側あたり横隔膜の下に位置しています。
普段は肋骨の下にありますが深く呼吸をしたり、炎症を起こすなどして腫れている場合は体の外からでも触診することが可能です。
よく腹痛を訴えて病院を受診した際に、医師からみぞおちのあたりを押されるのは、肝臓の腫れ具合も確認するためです。

 

肝臓には3000億個にもなる多くの肝細胞が存在しており、肝臓そのものである「肝実質」、「肺小葉(はいしょうよう)」である血管系を作り出しています。
この肝臓を通っている血管は、心臓から肝臓へと血液を運んでいる「肝動脈」、消化管で吸収された栄養を取り入れるための「門脈」などが通っています。
門脈とは、胃腸、胆のう、脾臓(ひぞう)、すい臓から出ている動脈が集まっている血管系であり、胃腸で消化された栄養素を運ぶ役割を持っています。
そうして門脈から運ばれてきた栄養素は、肝臓で代謝(体に必要なエネルギーに変換)されるのです。

 

代謝など細かい処理を受けた血液は、最終的に肝静脈に集められて肝臓から出ていきます。
肝臓の中を通っている血管は毎分1.6リットルものスピードで流れており、これは一日で約2160リットルもの量になります。

 

肝臓の大きな3つの役割

 

肝臓は心臓の次に大切とまで言われるほど、生命維持において重要な役割を果たしています。
そのため大切なことを例える言葉である「肝心」は、肝臓と心臓が語源だと言われているのです。
そんな重要な臓器、肝臓はどのような役割を持っているのかまとめてみました。

 

1.代謝

 

胃腸で消化された食べ物は、門脈を通っている血管によって肝臓に送られます。
肝臓はそれらの栄養素を貯蔵しておき、必要に応じて体にあった形に再加工をしてから血液を通して全身へと運んでいます。
この働きを「物質代謝」と呼び、筋肉や細胞を作り出す働きを手助けしているのです。

 

たとえば、ごはんなどに含まれている糖質は肝臓の門脈にある血管に吸収され、エネルギー源として各臓器に運ばれています。
体内に過剰に摂取されたブドウ糖は、肝臓の働きによって「グリコーゲン」に作り替えられ貯蔵されています。
こうして肝臓がグリコーゲンを貯蔵していることによって、体内で糖質が不足した際も血糖を維持することができるのです。

 

2.解毒

 

薬剤や食品添加物、アルコールなど体にとっては有害である物質を、無毒化するのも肝臓の役割です。
また、腸管内で腐敗が進んだことによって生まれるアンモニア、アミンなどの有害物質も、肝臓で無毒化後に水溶性の物質に変化されて、尿として体外に排出されます。

 

アルコールの摂取量が多すぎて、肝臓の代謝が追いつかなくなると、頭痛や吐き気などを引き起こす原因となるのです。
これが次の日まで続くことで、二日酔いなどの症状として現れるので、アルコールの摂り過ぎには注意しましょう。

 

3.胆汁を作り出す

 

肝細胞から作られている胆汁(たんじゅう)は、脂肪の消化や吸収を助ける働きがある分泌液です。
胆汁は一日に500〜1000mlもの量が肝臓から分泌され、「ビリルビン」という色素によって黄色い見た目をしています。

 

肝臓が作った胆汁は、つながっている胆管を通って濃縮後、胆のう内に溜められています。
胃に収められた食べ物が十二指腸にまで落ちてくると、消化や吸収を行うために胆のうから排出されているのです。

 

なぜ肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるのか?

 

肝臓は再生能力が非常に高く、もし肝細胞の半分以上が破壊されたとしても、残っている肝細胞がその働きをカバーすることで、機能を維持できるほどの優秀さを持っている臓器です。
そのため、肝臓が少々ダメージを受けていても、症状として体に現れることがほぼないため「沈黙の臓器」と呼ばれています。

 

肝臓が病気になると、皮膚や目が黄色くなる黄疸や、食欲不振などの症状が現れますが、こういった症状が気になる頃には、かなり病気が進行していると言えます。
そのため、毎年きちんと健康診断を受けて肝機能の数値に問題がないか、チェックするようにしましょう。
症状が進むと肝硬変など命を落としかねない疾患にもつながります。
暴飲暴食やアルコールを避け、働き者の肝臓をいたわってあげましょう。