MENU

コレステロールは肝臓から全身へと運ばれる

揚げ物のような脂っこい食事や乳製品には「コレステロール」が含まれています。
このコレステロールが体内で増えていくと、肝機能の低下の他に血管内で動脈硬化を起こす可能性があります。
肝臓にある余分なコレステロールは血管を通じて、やがて全身へと行き渡っていきます。
今回は、コレステロールを血管内で運んでいる「リポたんぱく」について紹介いたします。

 

コレステロールはどんな役割を持っているの?

 

コレステロールと聞くと、体にとって有害な成分というイメージが強いですよね。
しかし、コレステロールはリン脂質と共に皮膚の細胞一つ一つの細胞膜の材料となったり、体内のホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモン)などの原料となってくれます。

 

更に胆汁酸の材料でもあるんです。

 

悪役のように見えても私たちの体に必要不可欠なものなのです。

 

実は食べ物から摂取するコレステロールは割合的には全体の2割って知っていましたか?

 

そうなんです。実は体の中で8割のコレステロールが作られているんです。

 

普段は多少食事から多くのコレステロールを摂取しても、次は体内で生成する量抑えてくれる機能があるので、コレステロールが体内で過多になることはありません。

 

しかし、コレステロールを分解する肝臓の働きが追いつかなくなると、余分なコレステロールが蓄積され、血液によって全身に運ばれていってしまいます。

 

これがLDLコレステロールと言われるものです。

 

そしてこの余分なLDLコレステロールが血管に滞留した際に酸化して超悪玉コレステロールに変化します。

 

この超悪玉コレステロールが血管壁の一部に浸透してたくさん留まってしまい塊を作るのです。

 

それが原因で動脈硬化が生じ、心筋梗塞や脳梗塞などの虚血性心筋症に陥ることがあります。

 

 

リポたんぱくってどういうもの?

 

コレステロールや脂肪は体内の細胞膜やホルモンの原料となり、エネルギーの元となる重要な働きをします。

 

そのコレステロールや脂肪は油分であり、血液には溶けない性質を持っているのでリポたんぱくという脂質にかこまれて全身に運ばれます。

 

リポたんぱくは4種類あり、そーれぞれ担当している役割に違いがあります。

 

・カイロミクロン

 

リポたんぱくの中でもっとも大きく、食事から吸収された中性脂肪を全身に届ける役割を持つ。構成のうちほとんどが中性脂肪。

 

・VLDV(超低比重リポたんぱく)

 

肝臓から血液に乗って全身に流れていく始めのリポたんぱくです。
構成成分としてはコレステロールや中性脂肪ですが、5割が中性脂肪であるといわれています。

 

・LDL(低比重リポたんぱく)

 

VLDLから中性脂肪を除いたものがこちらのLDLというリポたんぱくです。

 

動脈硬化の元となるリポたんぱくであり、酸化すると非常に悪質な働きをします。

 

IDL

 

・HDL(高比重リポたんぱく)

 

全身の余分なコレステロールを肝臓に運んでいるリポたんぱくです。
善玉コレステロールのことであり、数が多いと動脈硬化の予防につながります。

 

つまり悪玉(LDL)は、肝臓で生成されたコレステロールを全身に運んでおり、善玉(HDL)は全身に余っているコレステロールを肝臓まで運んでいるのです。
両者のバランスが取れていることで、肝臓は正常に機能しますが、乱れた食生活によって悪玉コレステロールが多くなると、動脈硬化のリスクが高まってしまいます。

 

酸化したLDLが動脈硬化を加速させる?

 

コレステロールが体内で多くなると、LDLは血管内で動きを止めてしまいます。
その結果、血管壁に侵入し酸化を起こす原因となります。

 

実はLDLの中でも小型のLDLが非常に酸化しやすいということから、超悪玉コレステロールと言われています。

 

この超悪玉コレステロールは簡単に酸化して血管壁の中に浸透します。

 

するとそれを異物と判断したマクロファージ(免疫細胞)によって食べられてしまいます。
このLDLコレステロールを取り込んだ免疫細胞はLDLコレステロールを分解できないのでその血管壁の場所に付着してしまいます。

 

これが繰り返されたくさんの免疫細胞が血管壁に付着し、血管壁が盛り上がった状態から動脈硬化が生じることになります。

 

肝臓の機能低下は、肝臓そのものの病気だけでなく、こういった血管系疾患を引き起こす可能性があるため、脂質を多く含んだ食事を摂り続けることはあまりおすすめできません。

 

血管が詰まった場所が脳や心臓だった場合は、脳梗塞や心筋梗塞といった命を落としかねない病気を引き起こすこともあるため、できるだけ栄養バランスが整った食事メニューを意識しましょう。

 

腎臓の健康は、血管の健康にもつながるのです。