MENU

二日酔いの改善に効果的な成分を紹介

アルコールの摂取量が多くなると、次の日に二日酔いを起こすことがあります。
二日酔いによる頭痛などの症状が長引くと、その日の仕事などに影響が出てしまいますよね。
だからといって、会社などの付き合いで避けられない飲み会もあります。
お酒を飲んだ翌日もすっきりと過ごすことができる成分を摂取して、厄介な二日酔いを予防しましょう。
今回は、二日酔いの改善効果が期待できる成分について紹介いたします。

 

どうして二日酔いが起こるの?

 

ついお酒を飲み過ぎてしまうと、翌日に二日酔いがやってきます。
アルコールが体内に入ってくると、体内の有害物質を解毒する働きを担っている肝臓が活発になります。
通常であれば肝臓がアルコールを解毒することで、体内の機能を正常に保つことができますが、アルコールを摂り続けることで肝臓の分解が追いつかなくなるのです。

 

肝臓でアルコールを分解する際に「アセトアルデヒド」という有害物質が生み出されますが、分解が追いつかなくなることで、これが肝臓内に留まってしまいます。
その結果、アルコールを飲んだ翌日に体内に有害物質が残っていると、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出る二日酔いを引き起こす原因となるのです。

 

この厄介な二日酔いをできるだけ早く治すには、体内に残っているアルコールの分解を促し、早期に体外へと排出させることが大切です。
そのため、弱って機能が低下した肝臓の働きを助け、アルコールの分解を促進するような成分を摂取しましょう。

 

スルフォラファン

 

スルフォラファンは、肝臓の解毒作用を手助けします。
主に大根に含まれており、大根おろしにすることでより多くのスルフォラファンを摂取することができます。

 

このスルフォラファンは、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを減らし、体外への排出を促す作用があります。
大根はサラダやおでんなど、居酒屋に置いてあるようなメニューに含まれているものも多いため、お酒の席のつまみとして多く摂取することで、二日酔いの予防が期待できます。

 

もし次の日に二日酔いの症状がある場合でも、アルコールで負担がかかった胃腸にも優しいため、大根おろしにして食べることで肝臓の解毒を促し、二日酔いを治してくれます。

 

オルニチン

 

主にしじみに多く含まれているオルニチンは、アミノ酸の一種です。
肝臓内の有害物質であるアンモニアを分解するため、弱って機能が落ちた肝臓の働きを手助けしてくれる成分です。
オルニチンによって、肝臓がもともと持っている機能が回復するため、体内のアルコールの分解が進み、二日酔いの改善へとつながります。

 

オルニチンはしじみの他、しめじやマグロなどにも含まれているため、お酒を飲み過ぎてしまいそうな日には、このような食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

ビサクロン

 

お酒を飲む前や飲んだ後に摂取することで、二日酔いを予防すると言われているウコン。
最近ではこのウコンの成分を含んだドリンクが多く発売されていますが、ウコンエキスに含まれている「ビサクロン」という成分が、肝臓に良い効果があると発表されました。

 

アルコールを大量に摂取すると、肝臓で分解される過程の中で細胞を酸化させる原因となる「活性酵素」が多く生成されます。
しかし、ビサクロンを含んだウコンエキスを摂取すれば、活性酵素による細胞の酸化を防いでくれる「グルタチオン」の働きを活性化させることができるのです。

 

そのため体に残っているアルコールの分解を助け、二日酔いを予防する効果があります。

 

システイン

 

あまり名前を聞く機会がないシステインという成分は、卵に多く含まれています。
この成分はアセトアルデヒドの毒性を弱めてくれるので、二日酔い特有の気持ち悪さやムカムカを抑える効果があります。
アセトアルデヒドを体外へと排出させる作用もあるため、二日酔いの早期改善につながります。

 

このように、二日酔いを予防する成分はさまざまなものがあります。
お酒の席の際には、二日酔いに効く食品が入っているつまみを積極的に食べるようにしましょう。
そうすることで、せっかくの飲み会の席を存分に楽しめる環境を整えることができます。