MENU

オルニチンの含まれている食品を紹介

体に良くないとはわかっていても、アルコールや美味しい食事を我慢することは難しいですよね。
そうした生活習慣の乱れが続くと、肝臓に負担がかかり肝機能障害を起こしてしまいます。
肝機能が低下すると、肝炎や肝硬変、最終的には肝臓がんなどの命に関わる病気にかかる可能性もあるのです。
そんな肝機能の低下を正常な状態に導いてくれるのが、オルニチンというアミノ酸です。
体がだるい、疲れがとれないといった症状が気になる人は、ぜひ生活の中にオルニチンを取り入れましょう。
今回は、健康成分オルニチンが含まれている食品を紹介いたします。

 

どうしてオルニチンは肝臓に良いの?

 

生命を維持するためにさまざまな働きを行っている肝臓ですが、その中にアンモニアなどの有毒物質を解毒するという働きがあります。
たんぱく質が分解されることによって生まれるアンモニアは、肝臓による分解が追いつかなくなると血液中に溶け出し、やがて全身を巡るようになります。
その結果、体内のエネルギー生成を妨げ、だるさや疲れを感じやすくなってしまうのです。

 

そんなアンモニアの分解を手助けするのが、アミノ酸の一種であるオルニチンです。
オルニチンには、肝臓内のアンモニアを分解し、無害な尿素へと変える「オルニチンサイクル」という働きがあります。

 

つまり、肝臓内の毒素をきちんと分解することで、肝臓の負担を減らし疲れた肝臓の機能を回復する効果があるのです。

 

近年、オルニチンが二日酔いに効くとされ注目を集めているのは、このような肝臓の働きを助ける作用が判明したからだと言われています。

 

また、オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進する働きもあるため、皮膚のターンオーバーを活性化し、美肌を作り出すなど女性にとってうれしい効果もあります。

 

このように溜まった疲労やだるさを取り除き、美肌までもたらしてくれるオルニチンを、ぜひ毎日の食事の中から上手に摂取しましょう。

 

オルニチンが最も多く含まれているのは「しじみ」

 

食品の中で、オルニチンが最も多く含まれているのは「しじみ」です。
しじみには100gあたり(約35粒分)10.7〜15.3rものオルニチンを含んでおり、他の食品と比べても一二を争う含有量を誇っています。

 

また、しじみはオルニチンだけでなく肝機能を強化する「タウリン」を多く含んでおり、こちらも疲労回復の効果が期待できます。
血中のコレステロール値を安定させ、中性脂肪を減らすためアルコールの過剰摂取や暴飲暴食によって起こる脂肪肝の予防にもつながります。

 

さらに、胆汁の生成を促し余計な脂肪分の吸収分解を手助けするため、オルニチンと同時に摂取することでより肝臓に効果的に働きかけます。
このようにしじみは、まさに肝臓のためにあるような栄養成分がぎゅっと詰められた優秀な食材であるため、できるだけ食事に取り入れましょう。

 

しじみ以外でおすすめしたいオルニチンを含む食品!

 

肝臓の機能を手助けする栄養素をたくさん含むしじみですが、他にもオルニチンが入っている食品があります。

 

近年の研究によって、キノコのしめじにはなんとしじみの約6倍にあたるオルニチンが含まれていることが判明しました。
これは100gあたりしじみ700個分のオルニチン含有量であり、一年中手軽に手に入る食品であることから、多くの注目を集めています。
しじみと組み合わせて食べることで、たくさんのオルニチンを一度に摂取することができます。

 

また、枝豆の種類の一つである「だだちゃ豆」にも、多くのオルニチンが入っています。
このだだちゃ豆は、山形県鶴岡市で生産されており、その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。
通常の枝豆よりも風味が豊かで、甘みが非常に強い幻の枝豆と呼ばれています。
しじみに匹敵するほどのオルニチンが含まれているため、たとえば夏場などにビールのつまみとして食べることで、肝臓の働きを手助けしてくれる効果が期待できます。

 

産地が限られていますが、インターネットで購入できるところもあるため、ぜひ肝臓のためにだだちゃ豆を食べましょう。

 

このように、オルニチンは食品から上手に取り入れることができる健康成分です。
毎日の食生活の中に、オルニチンを含んだ食品を活用し、弱った肝臓の機能を回復させましょう。