MENU

オルニチンの効果・効能とは?

適量以上のアルコールを摂取したり、暴飲暴食の生活を続けていると、肝臓内の中性脂肪が増加して肝機能が低下してします。
できるだけ健康的な生活を送ろうと思っても、忙しかったりストレスが溜まっていると、つい体に良くない生活リズムになってしまいますよね。

 

肝機能の著しい低下は、脂肪肝や肝硬変などの病気を引き起こすため、健康な肝臓を取り戻すことが重要となります。
オルニチンは、肝臓の働きと密接に関わる栄養素であり、肝臓の悩みを抱えている人はぜひ毎日摂取したい栄養素の一つです。
今回は、そんな健康効果が高いオルニチンの効果、効能について紹介いたします。

 

オルニチンってどういうもの?

 

オルニチンはアミノ酸の一種であり、摂取することで人体にとって有害物質であるアルコールやアンモニアから肝臓を守る働きがあります。
血液中にオルニチンが溶けることで、常に全身を巡っており特に肝臓でその効果を発揮するのです。

 

肝臓は体内にある有害物質を解毒する働きを担っていますが、解毒のためには多くの肝細胞が使われています。
この肝細胞は解毒の役割を終えると次々に死んでいきますが、本来であればどんどん新しい肝細胞が肝臓によって作り出されます。
しかし、毎日アルコールを摂っていたり、食生活が乱れていると新しく作られる肝細胞が減り、その結果肝臓の機能が低下してしまいます。

 

特に肝臓にいるオルニチンは、アンモニアと結合して体にとって無害な尿素へと分解する「オルニチンサイクル」という働きをしています。

 

つまりオルニチンには、弱った肝臓の解毒作用を助け、疲れ切った肝臓の機能を正常化するサポートの役割が期待できるのです。

 

疲労回復や二日酔いにはオルニチンがおすすめ!

 

体内にアンモニアのような有害物質を溜め込んでいると、エネルギー源として使われるブドウ糖を作り出すミトコンドリアの働きがうまくいかなくなります。
オルニチンを摂取することで、アンモニアの分解が行われミトコンドリアの働きを正常に戻す効果が期待できます。
ミトコンドリアが増え、肝臓の機能が正常化すれば疲労回復にもつながるのです。

 

肝臓の機能が元に戻れば、アルコールの分解も活発になるため、二日酔いの予防にもなります。

 

オルニチンは美肌を作る!?

 

オルニチンには、体内の成長ホルモンの分泌を促進する働きもあります。
成長ホルモンが活性化することで、肌のターンオーバーを加速させ溜まった老廃物や角質を取り除いてくれるのです。
そのため、肌につやが戻り、ワントーン明るい肌を手に入れることができます。

 

また、肝機能の低下によってシミが増えるなど、肝臓と肌は密接なつながりを持っています。
こうした肝臓の解毒作用を助け、成長ホルモンの分泌を促すオルニチンの相乗効果によって、肌トラブルが解消され美肌を生み出します。

 

肌トラブルに悩んでいる女性は、ぜひ毎日の生活の中にオルニチンを取り入れるようにしましょう。

 

オルニチンは体臭を予防する!?

 

年齢を重ねていくと、特に男性は加齢臭などの体臭に悩まされるようになりますよね。
この体臭にはアンモニアが含まれているため、オルニチンを摂取することで体臭予防の効果が期待できます。
肝機能の低下によって、分解されずに体内に蓄積されたアンモニアは、やがて全身の毛穴から汗やガスとして体外に排出されます。
その際のアンモニア臭が、加齢臭などの体臭として周囲に臭ってしまう原因となるのです。

 

特に晩酌が習慣化しているような男性は、オルニチンを摂取することで肝機能の低下を防ぐだけでなく、体臭を予防するという一石二鳥の効果が得られるのです。

 

このように、健康成分であるオルニチンは、肝機能を助けるだけでなく美肌や体臭予防などのさまざまな効果・効能があります。
ぜひ、男性にとっても女性にとっても、うれしい働きをするオルニチンをサプリメントや食品などから上手に取り入れましょう。